私たち第一塗装店は塗装工事、防水工事 大規模修繕工事のプロフェッショナルです。

株式会社第一塗装店

ISO9001取得

お見積り・お問い合わせ

第一塗装店おすすめ塗装提案

まずは無料お見積り

ブログ下地処理・補修・シーリング外壁内装屋根上裏防水鉄部塗装の基礎知識

失敗しないための塗装の役立つ知識

対応エリア

対応エリア

【愛知県】
名古屋市・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・清須市・北名古屋市・長久手市・東郷町・豊山町・大口町・扶桑町・津島市・愛西市・弥富市・あま市・大治町・蟹江町・飛島村・半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町・岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・みよし市・幸田町・豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村

House個人のお客様

第一塗装店の戸建塗替え工事

数多くの公共工事・新築工事で培った技術力と施工管理力・ISO9001 取得した品質管理能力を戸建でも生かします。

建物の点検・調査から施工・アフターサービスまで専門スタッフが皆様方の信頼に応えるべく、堅実な技術力で安心できる品質を提供いたします。
建物そのものの個性や性質を生かしながら、目的に応じた最良の方法を提案していきます。

第一塗装店の戸建塗替え工事

あなたの家は大丈夫?塗り替えが必要な家のチェックポイント

「家を建ててから何年くらいが塗り替え時期なの?」
「営業が来るんだけど…塗り替えた方がいいのかしら?」
と塗り替えを悩んでいる方も多いですよね。

まだ大丈夫と思わず一度診断してもらうのが一番ですが、まずは
塗り替えが必要かどうかセルフチェックしてみましょう!

あなたの家は大丈夫?塗り替えが必要な家のチェックポイント

Check.1 壁や屋根の変退色

サイディングやスレート瓦が、変色や退色(色あせ)していませんか?

特に屋根や南面の壁は、紫外線による劣化が激しいものです。色があせているだけならいいのですが、劣化が下塗りまで達していると、サイディング板やスレート瓦そのものを交換しなければならなくなる場合があります。
ただ、下塗りまで達しているのかどうかは素人の方には見分けが難しいところです。塗装会社による診断をオススメします。

Check.2 破風板の変退色

和風建築の屋根のすぐ下にある木部「破風板」が、変色や色あせしていませんか?

この部分には、本来、腐敗を防ぐ保護塗料による塗装が施してあります。もし色があせてきているようなら、塗り替えの時期。放置して木材そのものが傷んでしまうと、水を通さない塗料で表面を覆って腐敗を防ぐしかなくなり、天然木の風合いが消えてしまいます。

Check.3 鉄部の錆び

ベランダの手すりなど、鉄部が錆びていませんか?

鉄部はいくら防錆処理をしても、塗装から2〜3年で錆び始めるものです。腐食は表面だけにとどまらず、内部まで浸食するため、放っておくと交換するしかなくなります。もちろん、上から色を塗れば、見た目だけはなんとかごまかせます。でも、ほんの一時しのぎにすぎません。必ずすぐにボロボロとはがれてきます。
少しでも錆びが出てきたら、迷わず対処することをオススメします。

Check.4 塗装のはがれ

塗膜がはがれてきていませんか?

木部は4〜5年、モルタルなら6〜7年程度で、塗装のはがれが目立ちはじめ、塗り替え時期と言われています。
気にならないならそのままでもいいのですが、これもあまり放置すると、下地の木やモルタル自体が傷むので、できるだけ早めに処置しましょう。
ただし、防水面の場合は緊急を要します!

Check.5 チョーキング

塗装面を指でなでて、白っぽい汚れがついてきませんか?

チョーキングとは単に外側に付着した汚れではありません。塗装が紫外線などで変成したものなんです。
そう、チョーキングが発生した分、塗料は失われているんです。塗り替え緊急度はそれほど高くありませんが、劣化がさらに進んで、変色や色あせ、はがれが発生していないかどうか、ときどきチェックしてくださいね。

Check.5 チョーキング

塗装面を指でなでて、白っぽい汚れがついてきませんか?

チョーキングとは単に外側に付着した汚れではありません。塗装が紫外線などで変成したものなんです。
そう、チョーキングが発生した分、塗料は失われているんです。塗り替え緊急度はそれほど高くありませんが、劣化がさらに進んで、変色や色あせ、はがれが発生していないかどうか、ときどきチェックしてくださいね。

Check.6 ひび割れ

コンクリート面にひび割れが発生していませんか?

ひび割れは要注意です!もしコンクリート内部に水が入り込むと、鉄筋・鉄骨の錆びの原因になってしまうんです。
また、コンクリートと一緒に水道管や排水管までひび割れを起こし、浸水や漏水が起きることも。
発見したら、すぐに専門家に相談して、エポキシ樹脂注入などの処置をしましょう。

Check.7 防水・シーリング劣化

住宅本体とサッシのスキマを埋めてあるシーリングがボロボロになっていませんか?

シーリングが劣化すると、激しい雨などの際、建物内に水が浸入します。
目で見て切れている、ボロボロになっているなど、劣化のサインを見つけたら、早めに交換しましょう。

Check.8 外壁の汚れ

意外な場所に汚れがついていませんか?

たとえば窓枠の角なら、雨水が滴って自然に汚れがつくものです。クルマの排気ガスがいつも当たる場所なら、これも汚れて当然。でも、そのような原因がない箇所の場合は、内部で水漏れなどが起きている可能性も。専門家による診断を受けましょう。

Check.9 水漏れ

水漏れは大丈夫ですか?

住まいにまつわるトラブルの中で、いちばん緊急度が高いのが、水漏れ。
そのままにしておくと、家を支える構造体が、手遅れなほど傷んでしまっていた、ということになりかねません。できるだけ早くご連絡ください。

水漏れは、点検にうかがったその場で再現することが困難!水漏れが起きたとき、「いつ」「どんな状態で」「どの箇所で」「どの程度」漏れたかをこまめにメモしておいてください。

高品質な仕上り

一般的には外壁などはシリコン・ふっ素などの良い塗料を塗りますが、樋・雨戸・破風などの付帯部はシリコン・ふっ素などに劣るウレタン樹脂塗料を塗ることが多いようです。しかしこれでは外壁が劣化する前に付帯部の方が先に劣化してしまいます。
屋根は直射日光から受ける太陽光線が大きいのでどうしても外壁より劣化が1.5倍以上早く進むと言われています。また、塗装はきれいでもシーリングが劣化しては仕方ありません。
当社では塗替えのサイクルを出来るだけ同じ時期になるよう考慮して屋根は外壁よりワンランク上の塗料を付帯部は同じランクの塗料塗ることを、また、塗料の対応年数にあった耐久性のあるシーリング材での施工を提案しています。

安心と保証

当社はご契約前に必ず現場を確認した上でお見積りをさせていただきます。
使用する塗料についてもご納得いただいた上でご提案しており、お見積りや相談はもちろん無料です。
また、工事中はお客様と決めた施工内容が適切な塗料で適切な工程で綺麗に塗装できているか、
安全に作業ができているかを定期的にチェックしながら工事を進めていきます。

一社)日本塗装工業会お墨付きの
最大5年保証「ペインテナンス」を発行
ペインテナンス

第一塗装店では『一般社団法人日本塗装工業会』の“戸建住宅リフォームサービスシステム”
として塗装工事に対して検査が行われ、工事終了後、工事内容により塗装工事であれば
5年までの保証書を発行致します。
あなたの家を『塗装』して維持していくための塗替え工事です。
日本塗装工業会会員の当店が、お客様の細かい相談にお答えしながら、
大切な財産を丁寧に塗替えます。

無機フッ素の最大10年保証(メーカー保証)
住宅あんしん保障最大5年(国交大臣登録)

施工事例

塗装知識とこだわり

無料で診断致します !!お気軽にお問い合わせください▶▶▶
ページトップへ